栃木県の不動産はランドグラン > 株式会社ランドグランのお知らせ一覧 > 贈与税の配偶者控除(ぞうよぜいのはいぐうしゃこうじょ)

贈与税の配偶者控除(ぞうよぜいのはいぐうしゃこうじょ)

カテゴリ:不動産用語集
贈与税の配偶者控除(ぞうよぜいのはいぐうしゃこうじょ)
 婚姻期間が20年以上の夫婦の間で、居住用不動産又は居住用不動産を取得するための金銭の贈与が行われた場合、基礎控除110万円のほかに最高2,000万円まで控除(配偶者控除)できるという特例です。

【特例を受けるための適用要件】
●夫婦の婚姻期間が20年を過ぎた後に贈与が行われたこと
●配偶者から贈与された財産が、自分が住むための国内の居住用不動産であること又は居住用不動産を取得するための金銭であること
●贈与を受けた年の翌年3月15日までに、贈与により取得した国内の居住用不動産又は贈与を受けた金銭で取得した国内の居住用不動産に、贈与を受けた者が現実に住んでおり、その後も引き続き住む見込みであること

 なお、配偶者控除は同じ配偶者からの贈与については一生に一度しか適用を受けることができません。

(注)この特例の適用を受ける場合には、たとえ税額が0円であったとしても、贈与税の申告をすることが必要です。
 
≪ 前へ|相続時精算課税制度(そうぞくじせいさんかぜいせいど)   記事一覧   門扉(もんぴ)|次へ ≫

トップへ戻る