栃木県の不動産はランドグラン > 株式会社ランドグランのお知らせ一覧 > 門扉(もんぴ)

門扉(もんぴ)

カテゴリ:不動産用語集
門扉(もんぴ)
 一般的に、道路と住宅の境界線の作られる門の扉の事を指します。

 門扉からアプローチ、玄関ポーチ、そして玄関へと続くエクステリアは、訪問者に住まいの第一印象を与える所です。その中でも門扉は、最初に訪問者を迎えるところになります。

 門扉の素材には、耐久性に優れて軽量なアルミ形材やアルミ鋳物がよく使われ、そのほか木製や鉄製のものなども使用されます。

 木製のものは防腐処理で耐久性を高めて使われ、その自然な風合いはナチュラル志向の人たちに好まれています。鉄製のものは重厚感あり、輸入住宅などでよく見られます。このような素材やデザインを選ぶ時には、フェンスや建物との統一感や調和が大切な決め手となります。さらに、機能面や防犯面からは、施錠や解錠を室内から行える電気錠などが付いたタイプや、暗証番号で解錠できるスイッチ機能を備えたものなども登場しています。
 
≪ 前へ|贈与税の配偶者控除(ぞうよぜいのはいぐうしゃこうじょ)   記事一覧   売買契約(ばいばいけいやく)|次へ ≫

トップへ戻る